京都

京都観光で雨の日に巡れる場所はここ!雨が降ったって京都観光は大丈夫!

コンビニの傘を買わないといけないときはなぜかテンションが下がる

どうも、たかさんです。

みなさん、旅行先で天気に恵まれずに雨になってしまった経験はないですか?せっかく旅行に来たのに行きたいところに行けずに思っているほど旅行を楽しめなかったとかありませんか?

せっかく、京都に旅行に来たのに楽しめないなんてことをこのサイトでは解消します!

雨が降っているからできることもありますし、雨でも楽しめる観光スポットを紹介していこうと思います。

おたべ本館

http://www.otabe.kyoto.jp/index.html

 

京都の定番のお土産の「おたべ」ですが、みなさん「おたべ」ってわかりますか?

あの有名な生八つ橋にも製造会社ごとに商品名は違います。株式会社美十という会社が作っている生八つ橋には「おたべ」という名前がついています。

ここの会社では本社で「おたべ」を作っている工場を見学することができます。また、見学後には、出来立ての「おたべ」を無料で食べることができます。

さらに「おたべ体験道場」というものがあり、1週間前までに予約を済ませれば自分たちでおたべの生地からあんを生地で包んで三角形の形にするまでを体験できます。

下のサイトで会員登録をして予約を行うか、サイトに載っている電話番号に電話して電話予約のどちらかをしなければなりません。

予約サイトはこちら

おたべ体験道場予約サイト

また、ここのおたべ本館でしか手に入れることのできない季節のお菓子も販売されているのでお土産にもぴったりです。

おたべ本館
営業時間:9時~18時
休業日:なし
〒601-8446 京都府京都市南区西九条高畠町35−2

京都駅

え、京都駅?って思った人も多いと思います。その気持ちはよくわかります。しかし、今の京都駅は平成7年に建て替えられた4代目の駅舎なのですが、この建て替えの時に劇場やレストランを併設するなど文化施設を内包したので、意外と一日くらい過ごすこともできてしまいます。

また、デートスポットとしても人気なので雨の日だけでなくても行くのはおすすめです。

京都空中経路

こんな写真も撮ることができます。開館時間は朝の10時から夜の10時までです。

ぜひ、行ってみてください

京都駅
営業時間:京都空中経路は10時~22時まで
〒600-8216 京都府京都市下京区東塩小路町

錦市場

http://www.kyoto-nishiki.or.jp/about.html

 

京都の真ん中、四条通の一本北を通る錦小路通に位置する商店街。400年の歴史がある京都のおもむきを感じることができる商店街です。

長さが390m、道幅が3.3mから5mの通りに126店舗のお店が出店しています。平雄正5年にアーケードが完成して雨の日でも楽しめるようになりました。

また、そのアーケードには特徴的なデザインが使われています。

http://www.kyoto-nishiki.or.jp/about.html

 

この色は商店街のイメージカラーなので使われています。

豆乳ドーナツやチョコレートコロッケなど面白い食べ物や京都らしい食べ物がたくさんあります。京都観光の際にはぜひ一度は訪れたい場所です。

錦市場
営業時間:多くの店舗は10時~18時(お店によって営業時間の差があります)
〒604-8054 京都府京都市中京区西大文字長609番地

錦市場商店街 ホームページ

京都国立近代美術館

写真はイメージです

 

京都国立近代美術館は岡崎公園にある美術館です。近代美術作品を中心に、京都にあるので京都を中心とした関西、西日本地区に比重をおいた美術品を収集しています。さらに関西を中心に活躍した芸術家も多く収集されています。

毎年4~6回の特別展・企画展・コレクション展の開催、美術作品や美術資料、図書などの美術品を展示されています。

京都国立近代美術館
開館時間:午前9時30分~午後5時まで(入館は午後4時30分まで)
毎週金曜日と土曜日は午後9時まで開館(入館は午後8時30分まで)
休館日:毎週月曜日休館(但し、月曜日が休日の時は火曜日が休館になります)
入館料金は展示会ごとに変化しているのでご自身でご確認お願いします
〒606-8344 京都府京都市左京区岡崎円勝寺町26-1

京都国立近代美術館 ホームページ

京都国際マンガミュージアム

京都国際マンガミュージアムは廃校になった小学校を利用した施設になっています。ここの施設には1970年以降に発刊されたマンガ単行本約5万冊のマンガが置かれています。

また、こども向けに親子で施設を楽しんでもらえるように絵本を中心とした約3000冊の子供向けの本もあります。

カフェもあり、ここのカフェの壁にはいろいろな漫画家さんが書いた絵があります。ここのカフェは京都の有名喫茶店がコーヒーを出したりしているので喫茶店のクオリティーも高いです。

京都国際マンガミュージアム
開館時間:午前10時~午後6時まで(最終入館時間は午後5時半まで)
入館料金:大人800円 中高生300円 小学生100円(小学生未満のお子さんは無料)
休館日:毎週水曜日、年末年始
〒604-0846京都府京都市中京区金吹町452

京都国際マンガミュージアム ホームページ

京都嵐山オルゴール博物館

ここの京都嵐山オルゴール博物館では、その貴重なギド・リュージュのオルゴールコレクションを継承し、オルゴールのコレクションの数は約2,000個あります。その中からヨーロッパの貴重な歴史的文化遺産ともいうべき作品も含めた約150点を厳選し、常時、博物館で展示・演奏されています。

オルゴールの音色を聴きながら眺めるプラネタリウムや、アンティークオルゴールの演奏を聴けるオルゴールカフェなど、展示以外の施設も充実しています。また、オルゴールを見学するだけではなく、創業150年以上するスイスの老舗オルゴールメーカーで世界最高峰といわれている「REUGE」社のオルゴールやその他の海外製品から日本の製品まで扱っていて自分が求めるオルゴールを見つけることもできます。

ぜひ、恋人や奥さん、旦那さんのプレゼントにもオルゴールを買ってみてはいかがでしょうか?

京都嵐山オルゴール博物館
開館時間:午前10時~午後5時まで
休館日はこちらからご覧ください
〒616-8375 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺立石町1−38

京都嵐山オルゴール博物館 ホームページ

ゆば・とうふ きよみず亭

写真はイメージです

 

清水寺へ向かう参道の一つの産寧坂にあるゆば・とうふ きよみず亭は、京都名物のゆばや豆腐を手作りできる体験施設です。また、テレビ番組などでも取り上げられている有名観光スポットです。

京都の地下水と国内の厳選した大豆を使用しているのでコクがある湯葉や豆腐の中に甘みを感じることのできます。

「選べる京ゆば丼一品とゆば作り体験、豆腐つくり体験、湯豆腐のうち一つを選ぶことができるコース」は、1時間で1500円。

予約優先の「ゆば・とうふ作り放題体験」は、京の豆乳ドリンク、手作りゆば、手作りとうふ、京のゆどうふ、さしみゆば、汲み上げゆば、ちりめん山椒ごはん、京のお漬物、手作り杏仁豆腐、本わさび(大人のみ)がついて1時間で3000円【小学生2000円】となっております。

ゆば・とうふ きよみず亭
営業時間:11:00~15:00ラストオーダー※清水寺夜の特別拝観期間は延長
休業日:なし
〒605-0862 京都府京都市東山区清水三丁目 342 2F

ゆば・とうふ きよみず亭 ホームページ

京都国立博物館

写真はイメージです

 

主に平安時代から江戸時代にかけての京都の文化を中心とした美術作品や文化財、また日本・東洋の古美術品や埋蔵文化財などを、収集・保管・展示しています。また、文化財に関する研究、普及活動もおこなっています。

通常展示以外に特別展が1年に2~4回行われており、新しく収蔵した作品の特別展やお正月など季節に合わせた特別展などが開かれています。

敷地内には特別展を行う明治古都館と、通常展示を行う平成知新館という2つの展示施設があり、そのほかに屋外展示として庭園や茶室の建物なども見学できます。

京都国立博物館
開館時間;午前9時30分~午後5時まで(入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日
〒605-0931 京都府京都市東山区茶屋町527

京都国立博物館 ホームページ

霊山歴史館

写真はイメージです

 

霊山歴史館は昭和45年(1970)に、全国ではじめて幕末・明治維新期の歴史を総合的にとらえて研究する専門博物館として京都の東山に開館しました。

霊山歴史館はペリー来航から鎖国が終わり坂本龍馬などで行われた明治維新の内容や功績を現代の世の中に発信していくとともにその当時の資料を展示しています

倒幕派であるかそうでないかなどの立場にかかわらず、幕末に活躍した志士、大名、天皇、公家のほか文人、画家などの遺墨や遺品、書状、各種資料・文献なども収集、調査、研究せれ、公開は5000点を超える収集資料から約100点を選んで展示が行われています。

霊山歴史館
開館時間:午前9時~午後5時30分まで
入場料金:大人900円 大学生・高校生500円 小中学生300円
休館日:こちらからご確認下さい
京都市東山区清閑寺霊山町1

霊山歴史館 ホームページ

京都万華鏡ミュージアム

国内外の約300点の万華鏡の中から季節ごとに展示する万華鏡を選び、常時50点程展示しています。さらに展示されている万華鏡はすべて直接手に取り自由に見ることができます。

展示されている万華鏡は一般的に知られている筒形の万華鏡から電動式のもの、京都の風景のジオラマや、舞妓さんの形をしたものなど変わった万華鏡も展示されています。

ここでは、万華鏡の手作り体験をすることもでき自分の好きなデザインの万華鏡を作れるので人気です。また、万華鏡のショップもあるのでお土産にここでしかない万華鏡を買ってみてはどうでしょうか?

京都万華鏡ミュージアム
営業時間:9時~午後6時まで(最終入館時間は午後5時30まで)
入場料金:大人500円 高校生300円 小中学生 200円 小学生未満 無料
休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合、翌日の火曜日が休館日)
〒604-8184 京都府京都市中京区 東洞院東入曇華院前町706ー3

京都万華鏡ミュージアム ホームページ

舞妓花の席


普通は、一見さんお断りが多い舞妓さんとのお遊び。しかし、舞妓さんと会ってみたい、遊んでみたい!という人は多いと思います。

ここでは、少人数で現役の舞妓さんを囲み、京舞とおしゃべりを楽しむ「舞妓花の席」があります。舞妓さんから一人一人、お抹茶をサービスしてもらいながら、現役舞妓さんと対面してお話もできる貴重な体験をすることができます。舞妓さんとの記念撮影もできるます。

ここは、人数制限があるので早めに予約することをお勧めします。税込みで一人当たり5500円です。また、原則として体験できるのは土曜日、日曜日、祝日だけです。

とてもいい京都旅行の思い出を作ることができるので、ぜひ行ってみてください。

舞妓花の席
住所:〒605-0074 京都府京都市東山区祇園町南側570−120
(※丸梅という施設で体験が行われています)

舞妓花の席 ホームページ

京都鉄道博物館

平成28年4月29日に「京都鉄道博物館」ができました。
ここは鉄道の博物館なのでSLの電車や鉄道のシミュレーターなども置いてあり子供にも人気のある鉄道施設です。

SL乗車体験を行っていて実際にSLに乗ることができます。このSL乗車では近くにJRの在来線と東海道新幹線が走っており、SLから電車が見えるので子供たちにも人気があります。

子供向けのイベントが多く行われていたり、レストランや鉄道シミュレーターの待ち時間もホームページで確認できるので混雑を避けながら色々な場所をめぐることができます。

京都鉄道博物館
開館時間:午前10時~午後5時30分まで(最終入館時間は午後5時まで)
入館料金:一般1200円 大学生・高校生1000円 中学生・小学生500円 幼児(3歳以上)300円
休館日:毎週水曜日(祝日は開館)年末年始
〒600-8835 京都府京都市下京区観喜寺町35-1 梅小路公園内

京都鉄道博物館 ホームページ

京都水族館

京都駅から徒歩約15分のところにある京都水族館は、2012年オープンしました。この水族館では、人気のイルカやペンギンから現在も京都の川に生息するオオサンショウウオまで幅広い生物が水族館にいます。

いま、そんな中で一番京都水族館で人気で話題沸騰中なのがペンギンです。

Twitterなどでも話題になったペンギン相関図があり、ペンギンたちと飼育員さんたちの(複雑な?)恋愛事情などが知ることができ、ペンギンを見るときに楽しさがアップすることは間違いありません!

クリックすると詳しく見れます

 

京都水族館
営業時間:原則10時~18時(年中無休) 時期によって変化あり詳しくはこちらから
料金:大人2050円 大学生・高校生1550円 中学生・小学生1000円 幼児(3歳以上)600円
京都府京都市下京区観喜寺町35−1 梅小路公園内

京都水族館 ホームページ

月桂冠大倉記念館

出典 https://www.gekkeikan.co.jp/enjoy/museum/gallery/

 

京都の有名日本酒会社といえば「黄桜」と「月桂冠」

そんな中で「月桂冠」の月桂冠大蔵記念館というものがあります。ここの施設では、月桂冠の製造風景や月桂冠の貴重な江戸時代の酒造道具などを見ることができます。

また、きき酒処という場所があり「レトロボトル吟醸酒」「玉の泉 大吟醸」「プラムワイン」の三種類のお酒を試飲することができます。

もちろん、売店もあり数種類の記念館限定日本酒のほかに、奈良漬、酒まんじゅう、季節によっいぇは酒粕も販売されているのでお土産なんかにもどうでしょうか?

月桂冠大倉記念館
営業時間:9:30~16:30(受付は16:15まで)
入館料金:大人:400円、中学・高校生:100円 おみやげ付き:大吟醸酒 180mL 1本(未成年の方は「月桂冠大倉記念館絵はがき」)
休館日:お盆、年末年始
京都市伏見区南浜町247番地

月桂冠大倉記念館 ホームページ

黄桜 伏見蔵

出典http://kizakura.co.jp/husimigura/index.html

 

さて、こちらは「黄桜」の伏見蔵という施設です。こちらも日本酒の工場を見学することができます。

案外知られていませんが、黄桜は京都で初めて地ビールを製造した会社です。なので、どのようにして地ビールを作っているのかという製造過程も見ることができます。

工場見学の後には、出来立ての地ビールを飲めるレストランもあるのでそこでゆったりビールを飲むのもいいかもしれません

黄桜 伏見蔵
営業時間:午前10時~午後4時まで
入館料金:無料
休館日:年末年始
〒612-8242 京都府京都市伏見区横大路下三栖梶原町53

伏見蔵 ホームページ

 

京都府京都文化博物館

出典http://www.bunpaku.or.jp/bekkan_outline/konjaku/

 

京都府京都文化博物館は京都の歴史と文化をわかりやすく紹介する総合的な文化施設です。総合展示では京都の歴史や文化を知ることができ、京都の三大祭りの一つである祇園祭の懸装品が展示されています。

また、京都の美術工芸品として京都の名品も展示されており京都の「ほんまもん」の魅力を感じることができます。

さらにここの別館は旧日本銀行京都支店として、明治時代からこの土地に立っています。現在は別の場所に日本銀行京都支店はあるのでここはコンサートなどが行われています。

京都府京都文化博物館
開館時間:午前10時-午後7時30分まで(入場は午後7時まで)
入館料金:一 般:500円 大学生:400円 高校生以下:無料(別館は無料)
休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合、火曜日が休館日)
〒604-8183 京都府京都市中京区東片町623-1

京都府京都文化博物館 ホームページ

まとめ

さて、今まで京都の雨の日でも巡れる観光スポットを紹介していきました。京都は四季折々、どんな天候のときでも観光できる街なのでぜひ楽しんでください!

では、これで、、、

東京,京都間の新幹線は?料金からダイヤまですべて掲載!新幹線のグランクラスに乗ってみたい どうも、たかさんです。 みなさん、東京から京都に行くときにどの交通手段を使って移動してい...
東京と京都間の移動はどの交通手段が格安?【徹底比較】実は、京都はパン屋の激戦区 どうも、たかさんです。 今回は、東京、京都間の交通手段でどれがいいのか? また、いくらお値段が...